営業代行の平均費用や料金はどのくらい?報酬の仕組みも解説

営業代行の平均費用や料金はどのくらい?報酬の仕組みも解説

「自社の収益UPのために、営業代行に依頼したいけど、どのくらい費用が必要かわからない」と悩む方が多くいらっしゃいます。

そこで今回の記事では、営業代行に必要な費用・料金を解説します。営業代行にかかる費用・料金を知って、より効率的に成果を上げたいのであれば、ぜひお読みください。

少しでも価格を抑えて営業代行を依頼したいという方にはKAITAKがおすすめです。1万円で100社に営業をかけることができるので、予算が少ないという場合にも気軽に利用していただけます。

営業代行の費用・料金は3つの契約形態によって異なる

営業代行には以下の3種類の契約形態があり、それぞれ料金体系が異なります。

  • 固定報酬性
  • 成果報酬性
  • 複合型

固定報酬型|決められた予算内で依頼が可能

固定報酬型と契約すると、毎月一定の支払いが必要です。報酬が毎月固定されているため以下の2つのメリットがあります。

  • あらかじめ予算を決めやすくなる
  • 成果が高いと安上がりになる

固定報酬型の営業代行に支払う報酬額は50万ほどが一般的ですが、専門性の高い領域では100万を超える可能性があります。固定報酬型の営業代行は、成果が出なくても毎月一定の報酬を支払わなければなりません。

営業代行サービスを選ぶときには、専門領域を確かめて費用対効果を最大にする意識も大切です。

成果報酬型|インセンティブ100%で効率的

成果報酬型の営業代行はインセンティブ100%のため、成果が出なければ報酬を支払う必要がありません。無駄なコストがかからないため効率的ですが、報酬額が割高に設定されているため、予算をオーバーする可能性もあります。

見込み顧客のリストアップから成約まで一貫して業務を代行してもらう場合は、売上の30〜50%ほどの支払う必要があると認識しておきましょう。

複合型|月額+インセンティブ

複合型の営業代行サービスは固定報酬型と成果報酬型が合わさった形態です。毎月固定額で平均25〜50万円の支払いとなっており、固定報酬型より安く設定されています。

インセンティブとして支払う報酬は、営業代行会社の毎月の固定報酬をどれだけ支払うかによってバラバラです。固定報酬と成果報酬との割合は、営業代行会社によって異なるため、事前にお問い合わせをして確認してみてください。

営業代行に依頼する4つのメリットを徹底解説

営業代行には3つの契約形態があり、それぞれ料金体系が異なることがわかりました。営業代行を利用することで、得られるメリットは以下の4つがあります。

  • 育成コストが抑えられる
  • 固定費が抑えられるため自社のリスクが少ない
  • 外注により新しいアプローチ方法が見つかる
  • 営業のプロに依頼できるため成果を上げやすい

①育成コストが抑えられる

営業代行を利用すると、自社社員の育成コストを抑えることができます。営業力が乏しい自社の社員が営業で成果を上げられるまでには、時間がかかるでしょう。

上司の時間を割いて、営業を教えても仕事ができるとは限りません。もし成果を上げられる社員に育て上げても、転職されてしまっては、育成コストが回収できないリスクがあります。

育成に割く時間・費用を削減するために、営業のプロフェッショナルに依頼することで、効率的に成果を上げられるのです。

②固定費が抑えられるため自社のリスクが少ない

自社で社員を追加で雇う必要がないため、固定費を抑えられます。2020年以降は、コロナウイルスの影響で雇用を維持できずに、社員に希望退職を促したり、給料を支払えなくなったりした企業もありました。

社員を1人雇うと、メリットだけでなくリスクも付きものです。営業代行を利用すると、固定費が削減できるため、自社のリスクが少なくなります。

特に成果報酬型の契約形態だと、成約につながって初めて料金が発生するため費用対効果を上げつつ、リスクを最小限にできますよ。

③外注により新しいアプローチ方法が見つかる

外部の営業代行に依頼することで、今まで自社が行なっていなかった新しいアプローチ方法を知ることができます。

営業代行には1,000社以上もの取引実績を誇る会社もあり、多くの分野での取引経験・ノウハウが蓄積されている可能性が高いです。実績が豊富な営業代行を利用することで、今まで反応を得られなかった企業から、成約を得ることができます。

成果につながった際には、営業代行にどのような手法でアプローチしたのか聞いてみましょう。

④営業のプロに依頼できるため成果をあげやすい

営業代行に依頼すると、成果を上げやすくなります。なぜなら、営業代行会社には多岐に渡る分野の企業と、取引をしているプロフェッショナルがたくさんいるからです。

より高い成果を求めるなら、成果報酬型の営業代行に申し込んでみてください。成果につながらないと営業代行会社は報酬がもらえないため、高い成約率が期待できます。

さまざまな営業代行サービスがありますが、KAITAKに依頼をすると営業文面からリストの作成まで行うので、成約率を高めることにもつながります。

営業代行の費用と釣り合わない3つのデメリットを紹介

営業代行を依頼する際にもメリットばかりではありません。以下の3つのデメリットを紹介します。

  • 社員のモチベーションが下がる
  • 情報漏洩の恐れがある
  • 業務の管理ができない可能性がある

①社員のモチベーションが下がる

営業代行を利用することで、自社の社員のモチベーションが下がるリスクがあります。やる気のある社員の中には「私は上司の期待に答えられていないのかな」と考える方も多いです。

営業代行に依頼する時には、社員のモチベーションを下げないために、なぜ依頼をするのかなど、適切な説明をすることを意識してください。

②情報漏洩の恐れがある

機密情報を外部に持ち出すと、情報漏洩のリスクがつきまといます。営業代行は業務委託であるため、営業マンは依頼主と同じ職場で業務をするのではなく、代行会社のオフィスで働く可能性が高いからです。

営業代行会社も情報管理をしっかりと行なっているため、心配する必要はほとんどありませんが、リスクの1つとして認識しておきましょう。

③業務の管理ができない可能性がある

自社の社員が営業活動を行わないため、どのようなプロセスで行なっているのか管理しにくくなります。なぜなら、営業マンは代行会社のオフィスで働くことが多く、依頼主の目が届きにくいからです。

営業代行に依頼する際には、どのようなプロセスで営業をしているのかを報告してもらいましょう。いつの間にか自社の信用を落としていた、ということが無いように適正な管理をする必要があります。

営業代行の6つの選び方を徹底解説

営業代行の以下の6つの選び方について解説します。

  • 担当者との会話がスムーズか
  • TPOに合った服装をしているか
  • 専門分野が自社と合っているか
  • 営業目的がマッチしているか
  • 費用対効果が見合っているか
  • 営業代行の料金が予算内か

営業代行を選択するときには、ぜひ参考にしてみてください。

①担当者との会話がスムーズか

まずは営業代行会社の担当者との会話が、スムーズかどうかチェックしてみてください。営業で成果をあげるためには、相手に利益を提供できるかどうかが重要になります。

営業代行の担当者と話すときには、以下のようなポイントに注目しましょう。

  • 質問の受け答えができていない
  • 結論から話していない
  • 話が長い

例えば、「話が長すぎて、何が言いたいのかわからない」といった経験はありませんか。担当と会話をすることで、営業代行会社の姿勢やレベルがわかります。依頼をする時には、仕事を任せても問題無い会社かどうか見極めましょう。

②TPOに合った服装をしているか

訪問営業でリードを獲得するためには、TPOに応じた服装ができているかが大切です。人の第一印象は見た目が9割といわれています。成果を獲得するためには、相手にとって好印象であるかどうかが、重要な要素の1つになるのです。

ビジネスシューズが傷だらけであったり、スーツが汚れていたりすると、仕事に対する意識の低さを感じてしまいます。

顧客に対しても、同じような姿勢ではないのかと心配する方もいらっしゃるでしょう。営業代行を選ぶときは、TPOに合った身なりができているかに注目してください。

③専門分野が自社と合っているか

専門分野がマッチしているかどうかも、営業代行を選択する上で重要な要素です。特にBtoBにおいては、専門的な知識を必要とする商品・サービスを販売するときも、多くあります。

営業代行を選ぶときには、まずHPで実績を確認しましょう。得手不得手をしっかり見極めて、自社に合った営業代行会社と契約してください。

④営業目的がマッチしているか

営業代行と自社の目的がマッチしているかも、営業代行を依頼する時には確認しておきましょう。営業代行に依頼したい目的は、以下のように様々あります。

  • リード獲得
  • 市場開拓
  • 戦略設計
  • 教育

営業代行会社によっては、対応していないプロセスも存在します。営業目的とマッチしていないのに、契約をしてしまうと自社にとってマイナスになるリスクも高いです。

まずは契約の段階で、自社の目的に合った内容があるかどうかを、しっかりと問い合わせてみください。

⑤費用対効果が見合っているか

営業代行に依頼するなら、できるだけ低価格で最大限の成果を出したいものです。月にどのくらいの成約率があるかで、固定報酬型か成果報酬型のどちらが自社にあっているかを見極めましょう。

例えば、固定報酬型で月50万、成果報酬型で1件獲得に付き3万円を支払っているとします。営業マンが月に17件以上の成果をあげているならば、固定報酬型と契約している方が1万円安くなるためコストパフォーマンスが高いです。

成果獲得件数を予測・分析して、自社に合った契約形態の営業代行に依頼をしましょう。

⑥営業代行の料金が予算内か

割り当てられた予算内での料金体系でないと、営業代行に依頼ができません。

固定報酬型は毎月の支払いが変わらないため予算が組みやすいです。一方で成果報酬型や複合型は毎月の費用が変動し、成果によっては固定報酬型よりも割高になります。

営業代行に依頼するときには、どの契約形態がどのくらいの費用なのかをチェックしましょう。

まとめ

営業代行に依頼すると育成コストが削減できることに加え、営業をプロに任せ流こともできるので、効率的にアポイントを獲得できます。この記事では、以下の内容を解説しました。

  • 営業代行の契約形態
  • 営業代行のメリット・デメリット
  • 営業代行の選び方

自社に合った営業代行を選ぶことで、効率的に成果をあげることができます。営業代行に依頼したいと考えているならば、まずは見積もりをしてみてください。

コラムカテゴリの最新記事