営業を効率化するツール7選|メリットから選び方まで徹底解説

営業を効率化するツール7選|メリットから選び方まで徹底解説

「営業を効率よく行うために営業ツールを活用したい」「営業ツールは多くてどれを選べばよいかわからない」という悩みを抱える方も多いです。

この記事では、営業活動を最適化するためのおすすめツールを紹介はもちろん、営業ツール導入のメリットや選び方も解説します。

自分に最適な営業ツールを使いこなし、生産性を高めることで、与えられた営業成績に確実にコミットできるようにしていきましょう。

営業の効率化ができず悩んでいるという場合には営業代行の依頼がおすすめです。KAITAKではアタックリストの作成からフォーム営業までを一貫して行うので、貴社のリソースを使わずに効率化を図ることができます。

営業ツールとは

営業ツールとは、これまで手動で行っていた作業や情報の管理などを自動化するためのものです。

営業人員は与えられた営業目標に確実にコミットするために顧客情報や営業スキルなどの膨大な情報を効率よく管理し、使いこなさなければなりません。

限られた時間の中で情報の管理と活用を行わなう必要があるので、その自動化をしてくれる営業ツールは生産性の向上に大きく役立ちます。

営業ツールの3つの機能

営業ツールの機能は大きく分けて以下の3つです。

  • マーケティング業務を自動化するMA
  • 営業プロセスの自動化やデータ管理を行うSFA
  • 顧客を管理し、売り上げアップを支援するCRM

マーケティング業務を自動化するMA

MAとはマーケティングオートメーションのことを指し、新規顧客の獲得からリードの育成をする際に行う必要のあるマーケティング業務を自動化することをいいます。

MAの主な機能は、以下の4つです。

  • リードの管理機能やステータス管理
  • スコアリング機能(履歴を可視化する)
  • ランディングページやオウンドメディアの構成
  • SEO対策のサポート機能

マーケティング業務を自動化することで営業効率は高まり、他の業務にかけるリソースが増えるので、結果的に営業成績の向上を見込めます。

営業プロセスの自動化やデータ管理を行うSFA

SFAとはセールス・フォース・オートメーションのことであり、営業プロセスの一部の自動化や情報の管理を効率化することを指します。

主な機能は以下の3つです。

  • 顧客管理機能
  • 案件管理機能
  • スケジュールやタスク、売上予測、プロセスの管理機能

営業活動全体の精度を高めるための機能が搭載されているので、業務を効率化し、労働資産性を高めてくれます。

SFAを利用することで、業務の効率化はもちろん、営業活動のプロセスの可視化を戦略的に行うことが可能です。

顧客を管理し、売り上げアップを支援するCRM

CRMとは、カスタマー・リレーションシップ・マネジメントのことであり、顧客の満足度やロイヤリティを高めて売り上げの向上を手助けする顧客管理システムのことを指します。

主な機能は以下の3つです。

  • 顧客の属性や購買履歴、コンタクト情報などを収集する管理機能
  • 情報を分析し活用するマーケティング機能
  • 顧客に応じたメールを配信し管理するメール配信・管理機能

膨大な顧客情報を収集・管理し、それをもとに戦略を練りアプローチをすることができるので、営業に関して最適なツールであるといえます。

顧客満足度を最大化させるためにぜひ活用していきましょう。

おすすめの営業ツール7選

ここでは、おすすめの営業ツールを7つ紹介します。営業ツール導入を考える際の参考にしてください。

  • Marketo|顧客の行動をトラッキングし、関係を構築
  • Remix CLOUD|導入後のサポートもあって安心
  • Sales Cloud|既存顧客育成をサポート
  • Hubspot|幅広い業務で活用可能
  • Sansan|名刺管理で営業をスムーズに
  • MiiTel|営業電話を録音・文字起こしできる
  • Slack|コミュニケーションをより円滑に

Marketo|顧客の行動をトラッキングし、関係を構築

MAの機能を持つMarketoはホットリードのような顧客の購買プロセスを可視化し、それに応じたステージ設計が可能です。

そして、設計されたステージごとにあらかじめ用意されたシナリオに基づき、リードナーチャリングを自動的に行ってくれます。

メール配信などを通じて顧客の販売意欲ををスコアリングし、成約見込みの高い価値ある顧客を営業担当者に知らせることで、営業活動の効率化が可能です。

BtoBやBtoC問わず様々な業種の企業で導入されている実績ある営業ツールなので、幅広い業種で活用できるでしょう。

Remix CLOUD|導入後のサポートもあって安心

Remix CLOUDは導入から運用までの手厚いサポートが安心の営業ツールです。

CRM・SFAとしての機能があるので、顧客情報や案件情報、スケジュール登録、活動登録などのあらゆる情報を一元化することができます。可視化することで営業活動全体を効率的に把握することが可能です。

導入のサポートはもちろん、ツールが定着するまでのサポートも行ってもらえます。ツールが定着した後には活用レベルに合わせてステージアップのための支援があるのも嬉しいポイントです。

Sales Cloud|既存顧客育成をサポート

Sales Cloudは多くの企業が信頼を寄せるCRM・SFAツールです。非常に多機能な営業ツールであり、既存顧客の育成に大いに役立ちます。

顧客情報に紐づけた購買や問い合わせの履歴を確認することができるので、顧客ごとに最適なアプローチをすることが可能です。

また、見込み顧客の管理や、取引情報の確認、売上予測の管理もすることができるので、様々な段階で活用することができます。

Hubspot|幅広い業務で活用可能

HubspotはCRMの機能をもった営業ツールで、コンテンツ管理やカスタマーサービスを行うことができます。

導入にあたってHubspotの担当者が自社の課題やニーズなどをもとに、支援プランをカスタマイズしてくれるので、ソフトの使用方法はすぐに習得可能です。

また、契約期間中であれば専任のカスタマーサクセスマネージャーに問い合わせて、目標達成に向けたプランの作成をしてもらうこともできます。

Sansan|名刺管理で営業をスムーズに

Sansanは社内に存在する名刺情報を一括管理してくれる営業ツールです。

名刺情報を管理することで全社員の人脈を社内で簡単に把握できます。新規顧客の獲得に大いに役立つのはもちろん、過去に取引のあった企業に再びアプローチをかけることも容易になります。

また、決裁ルートを把握することにもつながるので、営業活動をより円滑に進めることが可能です。

いまなら無料トライアルも行っているので気になる方はチェックしてみてください。

MiiTel|営業電話を録音・文字起こしできる

MiiTelは営業電話の録音、文字起こし、音声解析を一度に行うことができる営業ツールです。

電話内容を文字起こしすることによって情報共有にかかる手間を大幅に減らし、業務を効率化します。

また、過去の電話データから通電しやすい時間帯や曜日を割り出すことも可能なので、通電率の飛躍的な向上を狙うことも可能です。

さらに、音声解析の機能を使ってトップ営業人員の話し方を分析し可視化することで、社内のスキルアップも図ることができます。

Slack|コミュニケーションをより円滑に

Slackは社内コミュニケーションツールです。

あらゆる仕事をトピックごとに分け、チャンネルというスペースを作成することで、そこに関連するメンバーやメッセージ、ファイルを1ヶ所に集めて仕事の効率を高めます。

会話の検索機能も備わっているため、過去の会話を検索して関連する内容を見つけ出して調べることも可能です。

メールよりもグループ分けや複数人への送信が手軽なのも嬉しいポイントでしょう。

営業ツールを導入する前に確認するポイント

営業ツール運用にはコストがかかるので、間違った導入をすると無駄になってしまう恐れがあります。

これから紹介する2つのポイントを確認し、営業ツールを実際に選ぶ際の参考にしてください。

  • なぜ導入するかは明確に決まっているか
  • 使いやすい見た目や機能になっているか

なぜ導入するかは明確に決まっているか

営業ツールを導入する前には、導入の目的を明確にしておきましょう。

なにを狙って営業ツールを導入するかを明確にしておかないと、自社の課題の解決にまったく役立たないツールを導入してしまう危険があります。

営業ツールには、MA、SFA、CRFの3つの機能があり、それぞれ業務に合わせて使い分けなければなりません。

まずは自社の営業の課題を明確にし、どのツールを用いれば解決できるのかを定め、社内で共有するようにしましょう。

使いやすい見た目や機能になっているか

使いやすい見た目や機能になっているかも営業ツール選びでは大切です。

なぜなら、使いやすく自社の営業人員が適切に利用できるものでないと、集計する情報のクオリティがばらつき、データの信頼が低くなるからです。

全員が同じ習熟度で完ぺきに使いこなすことで、ツールを使った情報管理は効力を発揮します。

ムラのあるデータ管理で中途半端な戦略を練ることにならないためにも、自社の社員に確認をとりつつ導入を進めましょう。

まとめ

営業ツールを導入することで、営業活動を効率化し、業績の向上を図ることが可能です。

しかし、正しく導入し、管理と運用をしていかなければコストを無駄に消費することにもつながってしまいます。

今回の記事で紹介した営業ツールの選び方を参考に、自社に最適なツールを探してみてください。

コラムカテゴリの最新記事