テレアポが成功しやすい時間帯とは?避けたい時間帯もご紹介

テレアポが成功しやすい時間帯とは?避けたい時間帯もご紹介

「いつテレアポをかけても担当者につながらない」「効率よくテレアポをするためにおすすめの時間帯が知りたい」と思っている方も多くいらっしゃるでしょう。

そのような方のために今回はテレアポが成功しやすい時間帯や、避けたい時間帯をご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

なかなかアポが取れなくて悩んでいる場合は営業代行への依頼がおすすめです。KAITAKでは問い合わせフォーム営業をすることで、多くの見込み顧客である企業へアプローチをします。プランは1万円のものから用意があるので、コストをできるだけ節約したいという場合にもぴったりです。気になった方はぜひ下のボタンから資料請求をしてみてください。

テレアポが成功しやすい時間帯はいつ?

テレアポが成功しやすい時間帯は以下の通りです。

  • 担当者が外回りに行っていない可能性が高い午前中
  • 日中の会議が終わりひと段落している夕方

担当者が外回りに行っていない可能性が高い午前中

午前中は出社をして、1日の業務の準備や、予定の確認を行うため担当者が外回りに出ていない可能性が高いです。

そのため、担当者が営業などで外に出向く方の場合は午前中に電話をかけると良いでしょう。

あまりに早い時間だと断られてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

日中の会議が終わりひと段落している夕方

担当者の方が社内で仕事をする方の場合は会議が終わってひと段落している夕方に電話をかけるのがおすすめです。

会議がある場合は日中に資料の作成などに勤しんでいる場合が多いため、担当へ取り次いでもらえない恐れがあります。

終業よりも前の時間で、相手の余裕がありそうな時間を見計らうようにしましょう。

テレアポをするときに避けたい時間帯

テレアポをするときは下記の時間帯を避けるようにしましょう。

  • 朝礼などでバタついている始業直後
  • 社内の全員が休んでいる可能性が高い休憩中
  • かけてしまうとマイナスイメージがつきやすい終業前後
  • 誰も手が空いておらず対応してもらえない繁忙期・繁忙時間

朝礼などでバタついている始業直後

始業直後は朝礼やミーティングなどでバタついていることも多いです。そのため、始業直後に電話をしても出てもらえないことが多いでしょう。

また、朝礼の邪魔をしてしまうことにもなるため、相手にも悪い印象を持たれてしまう恐れもあります。

社内の全員が休んでいる可能性が高い休憩中

休憩中は社内の全員が休んでいるため、できる限り電話をかけないようにしましょう。担当者もいなければ、それ以外の方も席を外しているので、誰にもつながりません。

もし、誰かが出ても折り返しをもらえないことも多いため、できる限りお昼の休憩時間などは避けると良いでしょう。

かけてしまうとマイナスイメージがつきやすい終業前後

終業前にはその日の行動をまとめた報告書を作成していたり、明日の準備をしていたりと忙しい場合がほとんどなので、電話に出てもらうことができません。

また、終業の前後に電話をかけてしまうと、相手に残業をさせてしまう恐れもあり、マイナスイメージを持たれます。

そのため、できる限り終業間際の時間帯などは避けて電話をかけるようにしましょう。

誰も手が空いておらず対応してもらえない繁忙期・繁忙時間

繁忙期や繁忙時間には従業員の手が空いていない時間がほとんどなので、電話をかけても対応してもらえないことがほとんどです。

そのため、電話をかける相手によって時間をしっかりと選びましょう。例えば飲食店ならランチタイムを避けたり、販売店などであれば連休を避けるのがおすすめです。

テレアポを成功させるためのポイント

テレアポを成功させるためには以下の4つのポイントがあります。

  • リストを用意してより見込みのある客を取り込む
  • 相手にとってのメリットを明示する
  • スクリプトを用意して言いたい内容を確実に伝えられるようにする
  • 担当者以外が出た場合にはいつが空き時間かを聞いておく

リストを用意してより見込みのある客を取り込む

闇雲に電話をかけるのではなく、より成約率の高そうな顧客を絞り込んだリストを作成することが大切です。

見込みのある顧客にアプローチを続けることで、業務の効率化にもつながりますし、多くのアポを獲得することができます。

リストは購入したり、自社で作成したりと入手方法がいくつかあるので、自社に合った方法でリストを入手しましょう。

相手にとってのメリットを明示する

テレアポでは相手にとってのメリットをしっかりと明示することが大切です。メリットを感じてもらえないとそもそも話を聞いてもらうことができません。

興味を持ってもらうためにも、まずメリットを提示できるようにしておきましょう。

また、少しでも話を聞いてもらえているのであれば、相手の悩みを聞き出し、より刺さるメリットを提示すると効果的です。

スクリプトを用意して言いたい内容を確実に伝えられるようにする

テレアポで実際に会話をする際に、何を話すのか悩んでしまい、うまく内容を伝えられなかったという経験がある方も多いでしょう。

そのようになってしまわないように、スクリプトを用意しておくことで、誰が電話をかけても相手へしっかりと内容を伝えられる体制が作れます。

ただし、スクリプト頼りになってしまうと、相手には事務的な印象を与えてしまうので、相手によって多少内容を変化させることも大切です。

担当者以外が出た場合にはいつが空き時間かを聞いておく

テレアポをしていると担当者以外が出る場合が多いです。その際に「またかけ直します」だけだと、次回も同じように担当者がいないということになります。

そのようなことを防ぐためにも担当者以外の方がでた場合には、担当者の空き時間を確認するようにしましょう。

そして、担当者のいる時間にかけ直すことで、電話に出てもらいやすくなり、直接会話する機会を得ることができます。

まとめ

テレアポが成功しやすい時間帯は下記の2つでした。

  • 担当者が外回りに行っていない可能性が高い午前中
  • 日中の会議が終わりひと段落している夕方

職種によっては忙しい時間帯が異なるので、一概には言えませんが、多くの場合はこの2つの時間帯にかけることがおすすめです。

また、避けた方が良い時間帯も把握しておき、相手に失礼のないようにテレアポを行うようにしましょう。

未分類カテゴリの最新記事